不動産仲介会社を選ぶ理由

お客様が、不動産仲介会社を選ぶとき、漠然と「保証」を思い浮かべるのではないでしょうか。「仲介」と「売主直販」の区別は、一般に意識するものではありません。
広告チラシには、取引態様として「仲介・媒介」「売主」と記載されていますが、なかなか、その意味は理解できないでしょう。大手なら安心という感覚は致し方ないのかもしれません。
ただ、法令は、仲介会社に物件の瑕疵担保責任を要求していませんので、特に、個人間売買の中古物件においては、買主様のリスクも大きくなります。中古物件については、住宅診断を行って購入することが良いです。
個人の売主様は、自分でも気が付かない劣化事象があるかもしれません。雨漏れは、誰でね気が付きますが、蟻害は気が付かないケースが多いです。