マンション派or一戸建て派

突然ですが、あなたは、マンション派ですか、
新築一戸建て派ですか?マンション・一戸建てのおおまかな特徴は・・・
マンション
・定期的な修繕は管理組合が行う。月々の管理費や修繕積立金の負担がある。
 固定資産税等の税金負担もある。
・建物全体としては、共同利用なので、自己の所有権の及ぶ範囲が限られる。
・土地の権利は敷地権となり、いわゆる「共有の持ち分」なので、観念的なイメージである。
・マンションの立地は主に都市部で、交通の便が良い傾向にある。
・新築物件は、売主の直販がほとんどなので、当然、仲介手数料はかからない。
・駐車場代負担。機械式の場合オイル漏れをおこすと下段の車が汚れるので注意が必要です。
・木造一戸建てより耐用年数が比較的長い。
・仕事や家庭環境・ライフスタイルに合わせた、仮住まい的発想のお客様も存在する。
・自己で住まなくなったら、賃貸物件としての需要も多く、資産価値的には高い傾向にある。
・タワーマンションは、ステータスがあり、購入後の値下がり率も比較的小幅と思われる。
・老朽化による、建て替えは、事実上できないケースが多い。
一戸建て
・修繕等は自己の判断で行う。固定資産税等の税金負担は当然ある。
・「土地」の所有権を実感できる。駐車場は無料。敷地内で容易に洗車ができる。
・敷地境界が明確で、自己の所有権の及ぶ範囲が、一般の方にも分かりやすい。
・必ずしも、駅から至近の物件とは限らない。バス便あり。
・鉄筋コンクリート造より、光熱費がかかる場合がある。
・建売の場合、新築一戸建てでも、仲介手数料がかかるケースがほとんど。
 当社は仲介手数料無料です。
・賃貸する場合は、建物の修繕、リフォームが必要なケースが多い。
・木造が多いので、耐用年数については、メンテナンスを怠ると短い傾向にある。
・いわゆる「一国一城の主」という感覚を実感できる。
・老朽化したら、容易に建て替えができる。
まだまだ、ありますけど、おおまかなイメージとしては、マンションはライフスタイル優先で、一戸建ては「土地」の所有権を実感したいというお客様の層が多いかな、と思います。私としては、どちらも住んだことがあるのですが、マンション・一戸建てともに、メリットがあり、どちらも良いなと思っています。お仕事に関連して言えば、新築マンション の仲介というのは、ほとんどありませんので、業務外ということになりますね。
中古マンションは、沢山取り扱っています。建物に関しては、マンションは鉄筋コンクリート造がほとんどですから仲介していて、比較的安心感はがあるのは事実です。長期修繕計画もありますし。
また、新築派・中古派からの見方、需要も多いので、今後とも、いろいろ考察していきます。よろしくお願いします。仲介手数料無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です