カテゴリー : 2010年 6月

外壁の劣化について

 外壁は常に太陽光線や風雨にさらされているので、褪色や劣化が早い部分です。外壁は構造材と内装を風雨から守るものなので、部材の劣化の進行をすすめる可能性のあるひび割れや穴については、速やかな補修が必要です。水栓や電線の引き込み、雨樋の指示金物、バルコニー笠木などの外壁との取り合い部分の止水も定期的に確認しておく必要があります。モルタル下地の外壁は経年変化し乾燥収縮によるひび割れが発生します。0.3?以上のひび割れは、雨水浸入の可能性がありますので早めの修繕が必要です。修繕方法は0.5?以下のひび割れは、ひび割れ箇所に沿って刷毛等でよく清掃し、プライマー塗布後に微弾性フィラーを擦り込み、乾燥後に仕上げます。0.6?以上のひび割れは、ひび割れ箇所に沿って、Uカットし刷毛等でよく清掃し、プライマー塗布後に変性シリコンシールを充填し乾燥後に仕上げます。サイディングボードの外壁はひび割れの心配は少ないですが、継ぎ目部分のシール材が乾燥収縮によりひび割れが発生します。また、サイディングボード面の釘が浮いてきます。広範囲にひび割れや釘の浮きが認められましたら、早めの修繕が必要です。修繕方法は、目地シールにひび割れが発生した場合は既存のシールを除去し、よく清掃後にプライマー塗布し変性シリコンシールを充填します。釘の浮きは、錆びている場合は撤去して、新しい釘に打ち替え、釘頭の塗装をします。

 

マンション・旧耐震建物

新耐震設計法施行の1981年/昭和56年以前の建物は一般には旧耐震建物と呼ばれています。旧耐震建物は十勝沖地震の被害を教訓に柱のせん断補強に関する規定が改正された1971年/昭和46年以前のものとそれ以降のものとでおおまかに分類されます。旧耐震前期建物の建物は大きな地震時の柱は曲げ破壊より、せん断破壊されると言われています。旧耐震後期建物は、柱のせん断補強されている分旧耐震前期建物に比べて耐震補強しやすい建物といえます。

リアル vs ネット

「リアル vs ネット」という図式はもう古いですよね。
不動産業界もネットとリアルが直結している感じです。
ただ、人間関係はどうなのでしょうか。単なる文字
情報だけで人物を想像し、自分の好き嫌いで仲間
を作る。
不動産革命はネットから発信されているのだから
どんどんリアルと融合して出会いを大切にしたい
ですね。

サイトプチリニューアル

3カラムにして、新着情報コーナーを設置しました。
あと、Yahoo!の企業実在証明を申請中です。
不動産業は免許業なので免許番号で証明できる
のですが、ネット上での信用拡大と思っています。

格安マンション情報・動画あり

 マンションの売却を依頼されました。
草加市です。七階建ての六階部分。南西角部屋です。
四部屋あります。リフォーム済み!!!
 内覧動画はこちら

図面や写真はこちら

大手不動産仲介会社の年収

 大手不動産仲介会社の年収は下記のとおりのようです。
営業マンもノルマで大変ですね。

【年収例】
820万円・32歳・経験3年
年額固定給400万円+賞与220万円+業績給200万円
こんなに貰えるのに離職率が20%を超えるのは何故???????
不動産仲介は離職できない私に任せてください。
 


業界革命の論点

仲介手数料両手禁止:法的整備が必要・業界のモラル・完全禁止は不可能。
金融から見た住宅診断:金利優遇処置・融資額の上限設定等。
中古住宅再生:賃貸物件への活用・リノベ+ステージングによる販売戦略。
 
大手が市場(主に都市部)から利益を吸い上げ社員に給料として分配する
旧態依然としたビジネスモデルからネット勢力によるフラットな利益分配へ。
確かに、さくら事務所の長嶋氏の言うとおり「大きな物語」は既に終わっている。
タイタニックはでかすぎて直ぐに方向転換できない。
お客様主導の透明性のある不動産業界にするチャンスは今だ。