カテゴリー : 2010年 8月

長期優良住宅の倒壊動画

長期優良住宅の倒壊動画です。奥(左側)の建物が長期優良住宅です。先に倒壊してます。
 

不動産業の免許番号について

 不動産の免許表示で見かける()の中の数字の意味をご存じですか。当社は埼玉県知事免許(4)17116号です。
この(4)というのは免許の更新を4回した証です。更新は1996年以降は5年に1度、それ以前は3年に1度の間隔でした。したがって当社は創業16年となるわけです。不動産業は比較的容易に開業できます。しかし、永く続くとは限りません。免許番号(1)00000号とは開業後5年未満の若い会社という意味です。どんなに経営者に力があったとしても現実の経営というものは生やさしいものではありません。免許番号(4)の知識と経験がお客様の住まい探しを全力でサポートします。

建物の傾斜について

 建物の全体的な傾斜について

【住宅の品質確保の促進等に関する法律第70条の規定に基づく、建設省告示第1653号住宅紛争処理の参考となるべき技術的基準 第3の1・抜粋】
3/1000未満の勾配:構造耐力上主要な部分に瑕疵が存する可能性が低い。
3/1000以上6/1000未満の勾配の傾斜:構造耐力上主要な部分に瑕疵が存する可能性が一定程度存する。
6/1000以上の勾配:構造耐力上主要な部分に瑕疵が存する可能性が高い。 
【抜粋終わり】
 
測定結果の数値
垂直方向:鉛直方向の距離に対する水平方向の変位を高さ1000mmに対する数値で表しています。単位はmmです。
 
水平方向:水平方向の距離に対する垂直方向の変位を水平距離1000mm 
         に対する数値で表しています。単位はmmです。
         計測には原則的に2点間の距離3m程度で計測しています。
         (居室の大きさにより3mの距離が取れない場合もあります)                 
 
建物が傾斜している原因はさまざまな要因があります。建物本体の強度不足によるもの、施工時の施工精度によるもの、或いは地盤に起因するものなどです。簡易測定のみで傾斜の原因を特定する事は困難ですが、傾斜の方向性を確認したり、傾斜が垂直方向と水平方向共現れているのかなど傾向値を知る事が出来ます。
その計測結果を基に今後の対策の有無や修繕の必要性について判断しています。尚必要と判断した場合は、原因特定の為の専門調査(詳細な傾斜測定)をお勧めしています。 
4e1599a4.jpg
 
 

長期優良住宅の倒壊

ケンプラッツより引用開始
 倒壊するはずの建物が残り、残るはずの建物が倒壊――。
ikegaya001.jpg
写真の左奥側が「試験体1」、右手前側が「試験体2」だ。倒壊してしまったのは試験体1。構造計画上では、試験体1は長期優良住宅の耐震基準を満たす強度を有していた。試験体2はほとんどの部分が試験体1と同じだ。ただし、柱頭柱脚の金物のみを弱いものにしていた。事前想定では試験体1が生き残り、試験体2が倒壊または倒壊寸前の状態に至るはずだった。だが実験結果は、想定とは真逆になってしまった。 
ケンプラッツより引用終わり

フラット35について

 フラット35の適合証明取得には原則として現地調査があります。特に一戸建については小屋裏換気・床下換気、防腐防腐・防蟻処置・基礎高40cm以上などの基準があります。雨漏れしていたらアウトです。また、中古マンションで注意しなくてはならないのが「長期修繕計画書」の有無です。計画期間が20年以上であることが必要です。

住宅ローン変動金利について

 金利が変動していくタイプです。金利は年2回見直されますが、返済額は5年ごとに変更される場合が一般的です。変動型を選んだ場合、市場金利が下がれば住宅ローンの金利も下がり得をすることができます。逆に、市場金利が上昇した場合にはそれに合わせて住宅ローンの金利も上昇するというリスクを負うことになります。「金利が下がる→支払い額が下がる」場合には限度なく下がりますが、「金利が上がる→支払い額が上がる」場合には上限が設けられていることがほとんどで、例えば最大1.25倍までなどと決められています。とはいえ、1.25倍以上上がった分の金利分は、先に持ち越しになりますので金利がずっと上昇基調にあった場合、「未払い利息」が発生し、ローン支払いの最後に一括で支払うことになります。変動金利と固定金利のどちらがよいのかについては、基本的には各自の判断しかありません。今後の金利の推移が、借り入れ当初よりも下がると予想するなら金利に連動する変動金利が有利になりますし、上がると予想するなら当然固定金利が有利になります。

住宅ローンについて

 以前は事前審査でOKであれば、当然本申込でもOKだったけど、最近は違います。うちも先月住宅ローンの承認が下りずに白紙解約した物件がありました。フラット35の事前審査はOKだったと言ってたけど。畢竟最近の事前審査では個人の信用情報まで見ていないんだと思う。本申込して信用情報を見たら他のクレジットなどが複数あったのでアウトになるとか、クレジットを使っていなくても枠があるだけで返済比率などにカウントされるそうだから、ちょっと最近の事前審査はあてにならないような感じだね。