カテゴリー : 2010年 9月

耐震偽装の姉歯に賠償命令

耐震強度が偽装された川崎市の分譲マンション「グランドステージ(GS)川崎大師」(23戸)の住民33人が、構造計算書のデータを書き換えた姉歯秀次・元1級建築士(53)(懲役5年などが確定)に損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であり、河野清孝裁判長は4600万円を支払うよう命じた。
 原告の全23戸がそれぞれ300万円を請求、判決は「被告は偽装により住民に多大な精神的、財産的損害を与えた」として各200万円を認めた。
 原告住民は2006年6月、姉歯元建築士と川崎市、施工業者など5者を訴えたが、姉歯元建築士以外の4者とは和解が成立した。同マンションは、昨年2月に建て替え工事が終了している。

仲介手数料定額制の落とし穴

仲介手数料を定額制にしている業者がいるね。例えば30万円定額、何億の取引でも仲介手数料は30万円としている。ここでサイト内をよく読むと、現地へはお客様だけで行かせたり、初回の現地案内で購入をすることなど、各社いろいろ条件があるから注意しないといけないね。正直、遠方の物件案内に同行するとなると30万円じゃできないと思うな。例えば埼玉県大宮にある業者が神奈川県の小田原の物件を扱うとなると30万円じゃ何回も足を運べないよ。こちらはメールだけの連絡で、お客様自身に動いてもらわないと出来ないんじゃないかな?。

急に肌寒くなりました。

秋雨により一雨ごとに肌寒くなります。みなさんお体にご自愛ください。

相模原市ご契約

本日はK様のご契約でした。

売主の建設会社様より丁寧なご説明があり、来月から工事着工です。
K様これからも宜しくお願いします!

相模原市物件調査

役所調査に行ってきました。先ずは法務局です。

続いて市役所です。

By井上幸恵

不動産業界静かなる変革

Googleが不動産検索を初め既得権の奪取を図ろうとしていす。その足音はとても静かですが確実に近づいています。言い古された「IT革命」が誰の目からもはっきり分かるように不動産業界に起ころうとしているのかもしれません。否、既に起こっているのかもしれません。過去の物指しや成功体験では解決することが出来ない問題を不動産業界は投げかけられています。組織から個人へ、一極集中から多極化へ。次世代の主導権を争う戦国時代は既に始まっているのかもしれません。

現地案内に行ってきました。

今日は相模原市に現地案内に行ってきました。道路事情により少し遅刻したり、話しが二転三転してしまって本当に申し訳御座いませんでした!。○○様これからも宜しくお願いします!