カテゴリー : 2013年 11月

来年に向けて その2 メルマガを発行しました。

株式会社ハウスオン メールマガジン

目次
01. はじめまして
02. 株式会社ハウスオンについて
03. メールマガジンについて
04. このメールマガジンのテーマ
05. これからも、よろしくお願いします

 01. はじめまして
みなさん、初めまして、このメールマガジンでは
マイホーム購入のための知って得するお役立ち情報などをお届けします。

 02. 株式会社ハウスオンについて
株式会社ハウスオンは、1994年(平成6年)に設立された不動産会社です。
設立当初から、埼京線「与野本町駅前」で営業しています。

 03. メールマガジンについて
メールマガジンは、一度配信すると、ブログなどのように訂正ができないので
いままで躊躇していました。私たちの本位がうまく伝わらないで、誤解を招い
たりして、お客様や不動産業界のみなさまに、ご迷惑をおかけしたくないと
思っていたからです。

ホームページを初めて開設してから16年。当時は回線速度が遅かったので、
本格的にホームページを運営し始めたのは、2009年です。
この間も、不動産業界、特に不動産仲介を行う不動産流通業界は大きく変わ
ったと感じています。
そのことをお伝えするために、満を持して、メールマガジンを発行することに
致しました。

 04. このメールマガジンのテーマ
このメールマガジンのテーマは「不動産流通革命!」です。
インターネットの普及により起こった情報革命が、不動産流通業界を変えよう
としている。このことについて、今後いろいろお伝えしたいと思っています。

 05. これからも、よろしくお願いします
このメールマガジンの誤字脱字などはご容赦ください。また、記事の内容に誤り
等があった場合は、ブログなどのように投稿を削除できないので、訂正のメール
マガジンを発行します。訂正のメールマガジンが発行されると本メールマガジン
は無効となります。何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
これからも、よろしくお願いします!

来年に向けて その1 ネットワークへ 

リニュアル仲介というネットワークをご存知ですか。

不動産仲介や住宅診断、かし保険 などワンストップのサービスを提供しています。

本日は、その加盟店説明会に参加しました。

今後の見通し というか、理念 というか、「志」に共感しました。

来年は激動の年になりそうです。

ワクワクするけど、大変だなと思ったり・・・

人の心って、結構、繊細だなと思った次第です。

不動産投資 その6

バス便の物件

 

不動産投資って半年や1年で終わるものではないので、日本の人口が減っていき、建物が余っちゃうのに、バス便の物件を借りる需要は減る。

 

相続で土地があって建物だけ建てる とか 税金 とか  

 

それ以外は「経験」じゃなくて「冒険」になっちゃう。

 

 

不動産投資 その5

一棟物or区分所有  ┐(‘~`;)┌

 

8世帯の一棟物のアパート。

都心の24㎡の1Kマンション。

もろ郊外、でもハブ駅徒歩圏の300万円ワンルーム(RC)

 

リスク分散ということで、事始めは、最後のやつ推奨 (・・?

 

不動産投資 その4

投資物件の情報入手

・大手ポータルサイト

・競売 

・公売

物件情報が先物だった場合、できれば物元業者が分かった方がいいです。

物元だから質問してもロスがない。

事業用投資物件も扱う仲介手数料無料業者に問い合わせて調べてもらう。

レインズ条件検索の一覧を送ってもらう。

 

 

http://kankocho-athome.jp/   公売

http://bit.sikkou.jp/  競売

 

不動産投資 その3

換金性

現金化したい時の換金性は高くありません。キャピタルゲインは税など含めて期待しない方がよいでしょう。都心の一部であれば別ですが、その分、投下資本も大きくなります。インカムゲイン中心の投資スタイルが賢明でしょう。

 

不動産投資 その2  については「首都圏」です。首都圏でも都心が有利なのは言うまでもありません。

 

思いっきり郊外で建物だけの物件。つまり土地の権利はない物件。昔でいえば建物保護法が適用される建物。インカムゲインは当該物件に住んでいる人。

 

オンザエッヂなので勉強してから検討しましょう。失敗すると大損。

 

 

 

 

 

 

不動産投資 その2

一般に安価でリスクが比較的低いもの。

既存マンションです。

資産の目減りは、新築購入後およそ15年とその後の下落率が違うと言われています。

誤解を恐れず、分かりやすく言うと、新築購入後およそ15年までは下落率が大きく、その後は緩やかになる。

という感じです。

4000万円で新築購入・15年後に2000万円。

2000万円で中古購入・15年後に1500万円。

一概には言えませんが、あくまでもイメージ。┐(‘~`;)┌

 

リスク低減について

・賃借人の需要のある立地。(都心・ハブ駅の徒歩圏)

・鉄筋コンクリート造。つまりマンション

・現金購入

・管理体制のしっかりした物件。

 

家賃設定について

・近隣の月極駐車場相場をリサーチ

・近隣同規模の家賃相場をリサーチ

・敷金礼金条件をリサーチ

・仲介業者へ報酬条件の検討

自分で足を運ばなくてもほとんどインターネットでリサーチできます。しいて言えば、仲介業者のモチベーションとしての報酬は経費として割り切ってください。もったいないとか思っているとロスがあります。仲介業者からのアドバイスで家賃や敷金礼金条件なんかはすべて解決します。情報に投資する意識が必要です。