仲介手数料無料 パワービルダー

「仲介手数料無料 パワービルダー」というキーワードでの検索が多いようです。
パワービルダーとは、わかりやすく言えば「建売業者」のことで、販売エリアも広範囲で、年間の販売棟数も非常に多い会社・グループ企業ということになります。

例を挙げれば、飯田グループホールディングス(英文表示:Iida Group Holdings Co., Ltd.) で、グループ会社は、一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アーネストワン、アイディホームなどです。敬称略。

当社も同グループ会社の物件は数多く仲介させていただいております。建物の建築で一番のコストは、設備(サッシュ・バス。トイレ等々)と人件費です。
同グループ会社は持ち株会社として、資材や設備の一括仕入れを行い低コストで建物の建築が可能です。また、人件費、例えば大工さんなどの職人さんは「仕事が切れない」ということが重要です。年間の販売棟数が非常に多い同グループであれば、仕事量も安定していると言えるかもしれません。

知り合いの工務店の社長も「彼は腕のいい大工職人だから辞めてもらっては困る。だから仕事は切らさない」と言っていました。「腕のいい大工さん」「経験を積ん大工さん」というのは、報酬の面でも優遇される傾向にあります。その理由は「建物の完成後にクレームが少ない」というのが一番の理由だと思います。建物の販売はリスクがあります。法的な責任もありますので、経営者としては、ベテランの信頼できる棟梁の存在は会社の宝だと思います。

また、様々な考え方があるのも建築で「職人さんの技量に影響を受けづらい工法や仕組み造り」も考えられています。
注文建築の大手さんなどは、ほぼ工場で生産した工業製品としての建築部材を使用して建物を建築しますので「現場で納まらない」という事態も軽減でき、施工マニュアルに則って建築することにより、出来不出来がないように配慮されています。

同じことが木造在来工法のパワービルダーさんも目指すところで、職人さんや各現場での質のバラツキを極力抑える試みがなされています。

少なくても、昭和の時代の「建て売り」のイメージとは、法的なセーフティネットも含めて違いますので、新築一戸建てをご希望されるお客様は、建売住宅を選択肢としてご検討されるのも良いと思います。

仲介手数料 分かれ

「仲介手数料 分かれ」とは、売主様側の不動産会社は、「売主様」から仲介手数料を頂き
買主様側の不動産会社は「買主様」から仲介手数料を頂くという意味です。主に売買です。
「仲介手数料 分かれ」は不動産仲介では一般的で、売主様が一般個人様という形が圧倒的に
多いです。

これが「仲介手数料 両手」となりますと、売主様が不動産会社や建設会社様なのです。
仲介会社は、売主様からも、買主様からも仲介手数料が頂けるのです。売買代金の
6%+12万円sと消費税です。

当社はこの、「仲介手数料 両手」となるケースの場合、買主様からの仲介手数料を
最大無料にしています。

気になる物件がございましたら、仲介手数料の無料見積もりをご利用ください。
仲介手数料無料見積もりはコチラ>>>

当社のメインサイトトップページはコチラです!

仲介手数料無料 カラクリ

仲介手数料無料 カラクリ というか、不動産仲介のしくみが分かればどなたでも納得できると思います。売買と賃貸では少し違うのですが、当サイトは不動産の売買について取り扱っています。

詳細はコチラ⇒
仲介手数料の無料見積もりはコチラ⇒

すまい給付金の給付実績が8,730件に/国交省調査

国土交通省は11日、2014年4月より実施している「すまい給付金」の9月末時点の実施状況についてとりまとめた。

9月末時点における実施状況は、申請が1万2,214件で、うち新築住宅が1万1,614件、中古住宅が600件だった。給付実績は8,730件で、新築住宅が8,323件、中古住宅が407件。
給付額は約19億7,000万円で、新築住宅が約18億7,500万円、中古住宅が約9,900万円だった。

詳細はコチラ⇒

東京・大阪以外の地域でマイナスに,土地取引状況DI

東京・大阪以外の地域でマイナスに,土地取引状況DI

国土交通省は24日、「土地取引動向調査」(2014年8月調査)の結果を公表した。土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理し、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的に、半期ごとに調査を実施しているもの。調査対象は、上場企業1,750社、および資本金10億円以上の非上場企業1,750社の計3,500社。そのうち有効回答社数は1,417。

詳細はこちら